夏休み高校生ホームステイ 〜 オレゴン州ポートランド帰国報告・現地滞在日誌

ポートランド市民なら誰もが訪れる場所

「オレゴン動物園」に行きました。

ポートランド市民なら誰もが1度は訪れる、「オレゴン動物園」に行ってきました。 いつもの9番に乗ってバスでダウンタウンまで行き、そこからMAX(路面電車)を利用して「Oregon Zoo」へと向かいます。 オレゴン動物園内は非常に広く、動物の種類ごとにたくさんのゾーンに分かれており、園内はとても広大。 巨大な象と会えるアジアゾーンや、アフリカの大自然をテーマとしたアフリカゾーンなどがあり、大きなものから小さなものまで、様々な動物に出会うことができます。 子供から大人まで1日中楽しむことができ、学校の遠足で来ている学生や、週末には地元のファミリーでとても賑わいます。入口前は少し込み合っていましたが、スペースを見つけて恒例のグループ写真を撮りました。 それでは早速園内を散策開始です。
高校生ホームステイプログラム オレゴン動物園

目的の動物を探して園内を散策します。

広大な園内ですが、園内マップを入口でGETして、自分の目的の動物がどこにいるのか、計画を立てて回ることをオススメ。 その中でも、是非見ていただきたいのがオレゴン動物園の名物でもあるシロクマ。 ちょうど私たちが訪れた時には、お昼寝中なのかシロクマの姿が見当たりません・・・ しかししばらく待機していると、私たちの訪問を待っていたかのように姿を現してくれました。 他には、ペンギンやゾウ、キリン、シマウマ、サイ、オランウータンなど日本の動物園でもお馴染みの動物のほか、ワニ、狼などの珍しいたくさんの動物たちに出会うことができます。 愛らしい動物たちの姿に癒やされ、心行くまでアニマル・ウォッチングを楽しみました。
夏休み高校生ホームステイ

勇気を出して、地元の人と一緒に写真を撮りました。

地元の子供から大人まで楽しめるオレゴン動物園。 園内にはたくさんのファミリーが訪れており、散策を楽しんでおりました。 女の子たちは動物だけでなく、「あの男の子すごくかわいいね。」「青い目をしてるよ。」といった感じで、アメリカの可愛らしい子供たちのトリコに・・・ せっかくなので、勇気を振り絞って、一緒に写真を撮ってくれないか頼んでみるように勧めると、ファミリーは快くOKを出してくれました! お母さんと男の子の二人できていた家族と、女の子全員で記念撮影をしてとても賑やかな1枚に仕上がりました♪ ポートランドには、このように気軽に撮影に応じてくれる心優しい方が多いので、英語の実践的な練習をするにも最適なんです!
 
ポートランドホームステイ

名物「Elephant Ear」を試食!

散策に疲れたら、園内にあるカフェなどで食べ物や飲み物を購入し、芝生広場やテラス席などで昼食を兼ねて休憩。 是非行っていただきたいのが、「Elephant Ear」と呼ばれる象の耳の形をした揚げパンを売っているショップです。 1人では食べきれないくらいのビックサイズで、家族やグループで一つ注文してシェアするのがオススメです。 また、出口付近には、オレゴン動物園オリジナルグッズを販売しているお土産ショップがあり、オリジナルのぬいぐるみやトレーナー、ペンやキーホルダーなどが購入できたり、25セントコインに「オレゴン動物園」の絵柄を刻み込む記念コイン作りも楽しむことができます。。
高校生ホームステイ

ポートランドの ”リビングルーム”、パイオニアスクエア

動物園からの帰り道、ポートランド市民の憩いの場として地元の方に親しまれているパイオニア・コートハウス・スクエアに立ち寄りました。 男の子たちは近くのロイドセンターと呼ばれるショッピングモールに自分たちで行くということで、このパイオニアスクエアでみんなと解散をしました。 コートハウスを背景に、広場を見下ろす形でグループショット!広場の まわりには休憩をとるために座ってのんびりしている方や、広場中心でパフォーマンスをする方、大道将棋ではありませんが大道チェスを楽しむ地元の方の姿や、フード屋台があったりと、常に多くの人で賑わいを見せ、町を行き交う地元市民や観光客たちが1度は必ず通る、市民の憩いの場、パイオニア・コートハウス・スクエアからの1枚でした。
ポートランド英語研修