2006年度 夏休み 高校生 ホームステイ 現地体験記

最新のプログラム情報はこちらから
2006 JST's Original - Summer Annual Program
2006年度高校生ホームステイ帰国報告
ポートランドホームステイ
今日は、ダウンタウンの近く、NW(ノースウェスト)23番通りに出かけました。ここ数年間の間で目覚しくお洒落になった、ちょっと大人な雰囲気のストリート。ちょっと贅沢に時間を過ごしたくなるようなカフェもあり、それぞれ3時間の自由時間を楽しみました。

ポートランドの路面電車で、NW23rdへ…

学校からは、いつもお馴染みの市バスH番に乗って、まずは、ダウンタウン(パイオニア・スクウェア)へ向かいます。ダウンタウンからは、この路面電車(ストリート・カー)でNW23rdへ…。ポートランドには3種類の公共交通手段があります。1つが、市バスのTRIMET、2つ目が MAX(電車)。そして、今回乗車した、ポートランド・ストリート・カー。ストリートカーと、MAXについては、無料乗車区間があるので便利! ポートランドは、留学生にとって、本当に交通の便の良い街です。
2006年度高校生ホームステイ帰国報告

NW 23RD AVE

「ノースウェスト 23rd って、どんな所なんですかぁ〜?」 一言で表すと、東京でいう、代官山あたりのヤングアダルトな、ちょっと大人の雰囲気もある、お洒落スポット。可愛らしいブティック、いい感じなレストラン、アンティーク家具、そして忘れてはならないのが、雰囲気の良い、Cafe。“チョイ悪オヤジ” にもご用達な、素敵なストリートなのです。また、アートギャラリーなども充実しており、コーヒー片手にお散歩も…。もう少し時間が欲しかったと思うのは私だけでしょうか?
2006年度高校生ホームステイ帰国報告

さてと、これから散策しまーぁす!

さぁ、これから、23rd地区を散策します! 色々なお洒落なショップがいっぱいあるので、楽しみです! 女子はやっぱり、ショッピングが大好き!ショッピングを楽しみつつ、英会話の機会がたくさんあるのです! 是非、その機会をポジティブに捉えて、英会話のスキルをアップさせて!さぁさぁ、散策を始めましょう! この時間でも、アメリカの生活様式を垣間見ることができますよね。さぁ〜て、何が見つかるかな?
2006年度高校生ホームステイ帰国報告
有名な馬のオブジェと…
「NW23rd Ave」には、ユニークでセンスの良いオブジェを目にします。中でも、この馬のオブジェはこの地区で最も目立つもので。道行く人々の目印になっているとか。 そんなポピュラーな等身大の馬のオブジェの前で記念写真!この日は、泰斗クンのホストブラザー、ベン君も一緒に来てくれました。ボーイズたち、素晴らしい英会話パートナーがいるではないか! 残り数日、時間を惜しみながら、自分の英語力を深めていくのだ! 英会話だ、英会話ッ! どんどん失敗を恐れず、話しましょう!
2006年度高校生ホームステイ帰国報告
素敵なグッズを発見!
ファッション・センス抜群なお二人が見つけたものは…。なかなか目の付け所がありますねぇ〜! 「NW23rd 地区」には、思わずお財布が緩んでしまうものばかり!お買い物の際、お小遣いを気にされる方もたくさんいらっしゃいました。皆さんそれぞれ、ポートランド滞在記念にご自身のお土産を探したり、和気藹々、楽しい時間を過ごされました。「NW23rd地区」訪問は、女性陣に大ウケでした。今回の高校生ホームステイのプランの中でイチバン人気だったかも?
2006年度高校生ホームステイ帰国報告
セレブな?サングラスを発見!
おやおや、こりゃまた怪しい?(おっと、失礼!) セレブなメガネを!セレブなサングラスを発掘したのは、晴香さんと、祐花さん。アメリカでは全然自然です! よく見ると、似合うよね! 何だか絵になりますが、日本ではいかがなものかと…。アメリカ専用サングラスとして、お買い上げになられては?こんなキュートでポップなファッショングッズが 「NW23rd」にはいっぱい!ウィンドウ・ショッピングだけでも楽しいですよね。もちろん、ウィンドウ・ショッピングでも英会話を忘れません…。
2006年度感動感激の滞在報告日誌
Looks Cute and Fancy, doesn't it ?
麻衣さんは、素敵な靴を発見! お買い上げまでは行きませんでしたが、とってもお気に入りのようでした。NW23rd地区には、新しく、またヴィンテージなお店がいっぱい!このようなお洒落で、ファンシーな衣類、靴が手に入ります。ある意味、アウトレットでは見かけない、『一点モノ』をゲットできる、そんな可能性を秘めた、ショッピングが楽しめる場所かもしれません。女子には大絶賛のNW23rd地区でした。「私、もう一度来るわ!」なんて言う子もいました。
2006年度感動感激の滞在報告日誌