2006年度 夏休み 高校生 ホームステイ 現地体験記

最新のプログラム情報はこちらから
2006 JST's Original - Summer Annual Program
2006年度高校生ホームステイ帰国報告
ポートランドホームステイ
今日は2日目。 ホストファミリー宅でのんびりと過ごす1日でした。 昨日の疲れを癒しながら、ひたすら眠られた人もいることでしょう。にもかかわらず… 家庭訪問をさせていただきました。(眠そうなのに起こしてしまった方、すいません!)

ホストファミリー家庭訪問 〜 その1

岡崎さん、前野さん、お休みのところ、お邪魔してすいません。家庭訪問第1号は、岡崎さんと前野さんが滞在されている、マリア・パーカーさん宅でした。笑いが絶えない2人の元気なお子さんのいる、賑やかな家族でした。昨日の疲れと、時差ボケがまだ治っていないようで、2人とも眠そうな表情でしたが、写真を撮る際は笑顔を見せてくれました! 眠いところ、ホントにごめんね。
2006年度高校生ホームステイ帰国報告

ホストファミリー家庭訪問 〜 その2

木原麻依さんは、レシェルさん宅でのホームステイです。訪問させていただいた時、昨夜麻衣さんからいただいた、たくさんのお土産を見せていただきました。日本情緒の溢れた団扇(手書きの文字を工夫)や、風鈴、紙製のランプシェイドなど、趣向を凝らしたお土産にレシェルさんお喜びでした。 麻依さん、なかなかプレゼントのセンスがいいですね!!今後のアドバイスの参考にさせていただきます。
2006年度高校生ホームステイ帰国報告

ホストファミリー家庭訪問 〜 その3

山嵜隼クンは、アナさんと、デビットさんのお宅にホームステイ。ボクが訪問した時は、ちょうど夕食が終わる頃で、隼クンは、美味しそうにステーキを食べていました。アナさんは、自宅の庭で家庭菜園もされています。デビットさんは車の好きな方で、車庫にあるアンティーク・カーをリペア中でした。隼クンの滞在中、一緒に直そう!と、気合が入っていました。なんだか昔からの知り合いのような雰囲気のする3人でした。
2006年度高校生ホームステイ帰国報告
ホストファミリー家庭訪問 〜 その4
木村幸宏君のホストファミリーは、カルロスさん家族。お子さんが4人いらっしゃる、たいへん賑やかな家庭です。お父さんをはじめ、スポーツの大好きなファミリーで、幸宏君は、長男のカルロス君(お父さんと同じ名前)と、早速テニスをされたそうです。コンコーディア大学の目と鼻の先にあるお家ですので、遅刻の言い訳のできないロケーションですぞ…。 (本当に大学に近い場所でした。)
2006年度高校生ホームステイ帰国報告
ホストファミリー家庭訪問 〜 その5
昨年もジェイエスティの学生がお世話になったアンドレアさん。アンドレアさん宅に滞在中の東綾子さん。訪問した時は、綾子さんは台湾からのハウスメイトと一緒に、夕食の献立をアレコレ思案中でした。その際、英語でしっかりとコミュニケーションを取っていた東さん。ホームステイの醍醐味は、そういったところにもあるのです。2日目にして異文化コミュニケーションを実践されていました。その調子でこの先、英語に浸ってください!
2006年度高校生ホームステイ帰国報告