2005年度 夏休み 高校生 ホームステイ 現地体験記

最新のプログラム情報はこちらから
2005 JST's Original - Summer Annual Program
2005年度 夏休み 高校生 ホームステイ 現地体験記
ポートランドホームステイ
名古屋チーム(17名)と東京チーム(19名)は、成田で合流。 緊張した面持ちを隠せない方も少なくありませんでしたが、機内ではリラックス。日本から8時間半のフライトの後、無事ポートランドへ到着。 ELSディレクターのニコルさんの出迎えを受け、専用リムジン・バスにて、ホストファミリーの待つ学校へ移動しました。

名古屋からの参加者は、総勢16名! セントレア空港から出発!

今回の高校生ホームステイ・ホームステイに参加した、 名古屋エリアからの参加者は、16名! 出発当日は、みんな少し緊張した面持ちでした。 さぁ、これからはじまる2週間のホームステイ体験! 色々なことが起こることでしょう・・・。 全てが新しい経験に、そして、将来に繋がる何らかのキッカケに・・・。 さぁ、夢を実現するために、アメリカに旅立とう!
ポートランドホームステイ

東京からの出発は、総勢18名! 名古屋からのフライトと、成田で合流!

こちらは、東京(関東圏)エリアからの出発チーム、18名です。 名古屋からの参加者と成田空港で合流し、一路、ポートランドに向かいます。海外渡航初の方も大勢いましたので、東京発のみんなも、最初は緊張した表情を隠せない感じでした。私も多少心配しておりましたが、その不安は、搭乗後、煙のように消えてしまいました…。みんな元気ハツラツ!これなら大丈夫…。
ポートランドホームステイ

人生初の海外渡航! 今回のアメリカ滞在は、きっと生涯の思い出に…。

今回の、「夏休み高校生ホームステイ」が、初の海外旅行になる方も大勢いました。出発前、空港では少し不安な表情を見せていた方も、搭乗し、離陸するなり、急に元気になり…。高校生の若さといいますか、ハツラツとした笑顔を見せてくれました。この調子でいけば、 きっとみなさん、それぞれにアメリカ文化交流と家庭滞在を 満喫してくれるはずでしょう…。
ポートランドホームステイ
しばらくは、緊張した面持ちであっても、 食事の時間では…。
機内食の時間です。みんな真剣に食べていました。機内サービスの際も、たどたどしい英語で、「ビ、ビーフ、プリーズ…」 でも、帰国便では、もっと流暢に会話ができるようになることでしょう。
ポートランドホームステイ
ポートランドに到着! 専用車のお出迎えで、いざ、学校へ!
ポートランド空港では、ELSの校長先生、ニコルさんが直々にお出迎え。立派な専用車で、まずは、キャンパスまで移動です。移動中も、誰一人眠そうな顔を見せず、ワイワイ、ガヤガヤ! いいんです。それくらいの元気がなければ、この先の2週間は過ごせません。
ELS Concordia University に到着! 今日から2週間の留学生活が始まります!
Concordia University のキャンパスに到着しました。心地よい、快晴の天気の中、全員無事、到着することができました。さぁ、これから2週間の滞在がスタートします! その笑顔を忘れずに、全てをポジティブに捉えながら、 毎日、様々なことを学びましょう!
ポートランドホームステイ
まずは、恒例の記念写真! この先、どんな感動&感激があるのでしょう?
Concordia University のメイン・ビル前にて、記念撮影! さぁ、これからスタートします。高校生 最良の夏休みの始まりです。アメリカで過ごす、異文化体験。ホームステイでの醍醐味を満喫しながら、 国際交流を深めましょう!
ポートランドホームステイ
学校生活についての説明会。みんな真剣に耳を傾けます。
ニコルさんから、色々な諸注意を受けました。途中、分かりにくい部分は、私が日本語でフォローし、確実に理解していただけるよう、無事にオリエンテーションは終了。そろそろ、ホストファミリーが、みなさんをお迎えにやってきます! みんな、だんだんソワソワしてくるのを感じた時間帯でした。(正直、私もドキドキでした。)
ポートランドホームステイ
ホストファミリーがお出迎え! それぞれの滞在先に、移動しました!
それぞれのホストファミリーがみなさんをお迎えにキャンパスに集合! 出発前、あれこれ想像した、ホストファミリーを目の前に、 ますは、自己紹介を試みるのですが、 みなさん、名前を言うだけに終わったり、せっかく準備したシナリオも、緊張のあまり、忘れてしまい…。でも、そんな姿は、とても新鮮に私の目には映りました。最初はみんなそんなものです。ファミリーたちの温かい眼差しは、 皆さんを優しくケアしてくれる、本当の家族のようでした。
ポートランドホームステイ