海外ボランティア プログラム | アメリカ | アシスタントティーチャー | 幼児教育

お客様の体験談

遠藤 理紗さん(南山短期大学)
夏休みにカナダで語学研修をし、英語を学んだ後、 春休みを使って、3週間アメリカの公立小学校で先生のアシスタントをするボランティアプログラムに参加しました。 私は自分の英語に自信がなく、学校に行く当日まで上手くなじめるか、自分の英語が通用するかとても不安でした。 ですが、まず現地で最初に出会った日本人のスタッフの方をはじめ、ホストファミリー、学校の先生、子供たちすべての人の温かさに支えられ、 毎日とても楽しく過ごすことが出来ました。
私が入ったのは小学校の一年生のクラスで、みんなとても人懐っこく、私が困っていた時は子供たちがいろいろ教えてくれました。最初の週にバレンタインデーがあり、多くの子がプレゼントをくれ、また 最終日には授業の中で書いてくれた手紙を全員からもらえて 本当に嬉しかったです。 先生方は、すれ違うと必ず笑顔で挨拶をしてくれて、とても楽しく充実した3週間を過ごすことができました。
このプログラムでは、実際にアメリカの日常生活に入り込むことで、旅行では経験できないところをたくさん見ることができたと思います。 アメリカの人たちが家族との時間や、自分自身を一番に大切にしているのをみて私も見習わなければならないと感じました。 本当に貴重な体験ができました。ありがとうございました。
アシスタントティーチャー
アシスタントティーチャー