JST 名古屋 イギリス留学体験談

アメリカ留学
カナダ留学
ニュージーランド留学
オーストラリア留学
イギリス留学
アイルランド留学
マルタ留学
フィリピン・セブ留学
南アフリカ留学
フランス留学
イタリア留学
ドイツ留学
スペイン留学
メキシコ留学
コスタリカ留学
韓国留学
中国留学
ブラジル留学
マレーシア留学
シンガポール留学
インド留学
ロシア留学
JST

お客様のイギリス・アイルランド留学体験談

ジェイエスティを通じて、イギリス方面に留学されたお客様のイギリス留学体験談をご紹介いたします。イギリス留学といえば、ロンドンが主流と思われる方もいらっしゃると思いますが、ロンドン以外にも実に様々な留学候補地があります。過去の体験者のお話は、これから留学を計画される皆さんにとって参考になると思います。是非、お読みください。
イギリス留学体験談
【コーク】Cork English College

安達 智子さん

30代にして3週間の短期留学に行ってきました!行き先に選んだのはアイルランドの第二の都市コーク。周囲の人に何故またそんなところに?って聞かれましたが、パブが多くビールも美味しく飲めて、料理も美味しい。カフェもあるし、自然に囲まれてて、私にぴったりだと、私の希望を聞いた留学担当者さんに勧められ、決めました。けど、最大の決め手は、人が優しい&初めての留学にはぴったりだと思うと言われ決めました。行くまでは、楽しみよりも、英語が全く出来ないのに日本人が少ないと言われる国へ行く事と、自由に生活している私がホームステイもうまく行くのかなどの不安ばかりでした。私のホームステイ先は夫婦と子供2人の家族でした。会話もうまく出来ず、新しい環境にも慣れず、戸惑いながら生活している私に対して家族みんなで助けてくれました。その中1番嬉しかったのがホストマザーから「ここは、あなたの家なのだから、あなたが居たい所にいなさい。(したい事)言わなくてもいいのよ。好きにしなさい?リラックスして?」と言ってくれた時は安堵感と嬉しさで泣いてしまいそうでした。とても仲の良い理想的な家族で、一緒にいるだけで幸せだなと思ってましたが、食事の時間は自然に私も家族の中に入れてくれて、家に帰るとリラックス出来るようになっていました。そして一緒に観光地にお出かけをしたり、パンの作り方を教えてくれたりと、楽しい時間を過ごせただけではなく、土日のフリー時間も私が楽しめるよう助けてくれました。本当に毎日感謝する日々でした。ホストマザーは、留学後にイギリス旅行をする私を心配して、困った時は連絡しなさいねと言ってもらい、ホームステイ以外の日でも支えてくれました。ホームステイは、家族との会話で英語の勉強が出来るし、日本とは違う環境に触れることが出来て、語学留学以外の得るものが沢山あると思いました。留学を通し本当に良い経験が出来たと思いました。また、こんな経験をさせてくれたJSTに感謝してます!留学に年齢は関係ない!不安が沢山ありましたが、沢山相談にのってくれた留学担当者の藤原さんに出逢えたこと感謝しています。少しでも留学に興味がある人は沢山相談して沢山悩んでみてください?
アイルランド コーク留学
アイルランド コーク留学
【コーク】Cork English College

夏目 麻由佳さん

私はアイルランドのコークに3週間行ってきました。 コークには日本人どころかアジア人も滅多にいないので、留学に行っている間は日本語を話したくない!という人にはもってこいの場所です。 治安も良く、人々はとても親切で、陽気な方が多いです。困っているとすぐに優しく助けてくれます。 主食がジャガイモなので、毎日ジャガイモを食べますが(笑)、全体的に料理はとても美味しいです! 街には、カラフルで可愛い建物や教会が至るところにあり、散歩をするのがとても楽しいです。 どこの写真を撮っても絵になります(笑)自然もたくさんあります!のんびりとした雰囲気が好きな私にはピッタリの場所でした。 必ずまた行きたいです。
アイルランド コーク留学
【ロンドン】EC ロンドン校

Sさん (名古屋デザーナー学院)

今回、初めての1人海外でとても楽しみでした。 ロンドンで何回も道に迷ったけど、親切な人が助けてくれました。 学校(EC)での友達も、寮での友達もいい人ばかりで、とても充実した3週間を過ごすことができました! 心配だったホームシックや、食べ物が合わないなど、そういったことは全くなく、帰国前日は、あと3ヶ月いたいなと思うほどでした(笑) ロンドンの夏は、すごく過ごしやすいので、とてもおすすめです。 美術館や博物館はどこもすごく魅力的でたくさんの刺激をうけました。 本当に行ってよかったと思っています! 本当にありがとうございました。
イギリス ロンドン留学
【イギリス・カーディフ】CELTIC

Sさん(愛知淑徳大学)

カーディフに1ヵ月滞在し、はじめは慣れないことも多く、自分の伝えたいことも英語でなかなか伝えることができなく、悩んだ時もたくさんありました。 だけど、ためらうのではなく、積極的になってどんどんコミュニケーションをとることによって、仲良くなったり楽しくなってきます!! ホストマザーとも、はじめはなかなかたくさんコミュニケーションをとることができなかったけど、自分から色々質問したり、会話をたくさんすることで仲が深まっていきました!! 学校は日本人は少なかったけど、その分他の国の人と関わることが多く、たくさん会話するなかで文化の違いを知れたりととても楽しかったです!! 学校の人みんな仲良くしてくれてカフェに行ってお話したり、一緒にお買い物したり、とてもいい思い出ができました! この1ヶ月で、初めてのことが多くて、大変なこともあったけど、 その分自分なりに成長できたし、強くなれました! 次に、もし行く機会があったら、もっと自分の英語力をつけて、この前の時よりたくさんコミュニケーションを他の国の人ととって仲良くなりたいと 思っています!本当にいい経験ができました!たくさんの人に感謝しています!!
イギリス カーディフ留学
イギリス カーディフ留学
【先生宅でのホームステイ】ロンドン

浅井 美幸さん(社会人)

私の滞在したKirstyさん宅の皆さんは本当に親切で、賑やかで毎日楽しかったです。 Kirstyさんは、アクティビティ5時間以外にも、私の行きたい場所すべてに案内してくれるとても優しい方でした。 博物館、美術館も見所を効率良く案内してくれたので、本当に大満足な旅になりました。 レッスンもレベルに合った内容で毎回とても楽しく勉強になりました。 本当に、Kirstyさんとご家族には感謝の気持ちでいっぱいです。 私にとっての初海外旅行&ホームステイはすごくいい思い出になりました。 また、ホームステイを、色んな人に体験してもらいたいと本当に思いました。 伊藤さんには、色々と手配していただき、素晴らしいホームステイ先に引き合わせてもらえたことにすごく感謝しています。 ありがとうございました。飛行機も、座席指定していただいたお陰で、通路側で長時間のフライトも快適でした。        
先生宅でのホームステイ ロンドン
【イギリス・カーディフ】CELTIC

伊藤 杏奈さん(名古屋外国語大学)

日本人が少ない環境、ブリティッシュイングリッシュで学びたい、この条件を求めている人にCELTICはぴったりの学校です。 今の時代たくさんの学生が外国に行き英語を学んでいる中で、ここまで日本人が少ない学校は本当に限られていると思います。 そういう環境だからこそここでは自分で英語を使い行動することが強く求められます。頼れるのは自分だけです。 しかしこれは独りぼっちという意味ではありません。自ら積極的に英語を話せば先生、学校のスタッフ、世界中から来ている 生徒たちがみんな助けてくれます。英語を話せばみんなと友達になれます。上手く英語を話すことに戸惑って物静かな人に なってしまえば、誰も相手はしてくれません。これはCelticに限ったことではありませんが、 語学学校には英語を母語としない人達が集まっているのでそんな事を気にする必要は全くないのです。 不安なのは日本人だけではありません。だからとにかく英語を口から発すること、出来れば自分から友達や先生に話しかけること、これが本当に大切なのです。そしてこれをどれだけしたかによって短期間であっても帰国後語学面、精神面の両方で 自分の成長を感じられると思います。もう一度言います。とにかく英語を話してください!!!
イギリス カーディフ留学
イギリス カーディフ留学
【先生宅でのホームステイ】湖水地方

曽我 奈南さん (大学生)

憧れだった イギリスの湖水地方に行ってきました。 向こうの生活はこちらとは違いましたし、想像とも違いました。なので、とても興味深かったです。 むしろ、向こうの生活のほうが規則正しくて、こっちに戻ってきてため息が出てしまいました。(笑) 2週間の留学を終えて、今は留学をためらっていたことを悔しく思います。もっと向こうの生活を楽しみたかったです。 自分が大学で専攻している日本文学についてもホストファミリーと話すことができて満足しています。 和歌はあまり知られていないようでしたが、夏目漱石や村上春樹は知っていたみたいなので、彼らについて少し話すことができました。 語学の面だけでなく、様々な面で勉強をすることができました。 偏に、葉山様のおかげだと思っております。本当にありがとうございました。 これから、まだ英語を勉強しつづけます。そして、何年後かに、再びあの地を訪れたいと思います。           
先生宅でのホームステイ イギリス湖水地方
【イギリス・カーディフ】CELTIC

立川 文菜さん(名古屋外国語大学)

私はカーディフで最高の1ヶ月を過ごしました。 日本人が少ないところを選んだこともあり、最初は頭が痛くなるほど自分の現状に悩みました。 しかし家に帰るとホストファミリーが温かく迎えてくれて、子どもたちは私が学校に行っている間に練習したマジックを見せてくれたり、トランプなどで遊んだりし、子どもたちの笑顔に助けられました。 また学校主催の旅行に参加したりハウスメイトのスペインの子と積極的に会話したりし、すぐに慣れ、毎日濃い1日を過ごしていました。 街の人たちはとても気さくで電車に乗っているとよく話しかけられ、自分の知っている日本語を話してくれたり、カーディフをどれくらい愛してるか教えてくれたりとても楽しい会話ができました。 クラスはギリシャ、ロシア、アラブ、スペイン、日本ととても国際色豊かでよく自分の国の文化について話し合い、異文化交流ができました。とても気が合う仲間でよく一緒に遊びに行きました。 ハウスメイトのスペインの子とも気が合い、毎朝一緒に登校し、買い物やランチも行き、とても仲良くなれました。 最後の通学途中はもうこれが最後なんて寂しいと2人で朝から泣いていました。 そして、1番記憶に残っているのはわたしの誕生日です。イギリスでは21歳の誕生日を盛大に祝う習慣があるらしく家では子どもたちがケーキを焼いてメッセージをくれたり、クラスではランチに連れていってくれたり、夜は仲の良い友達が集まってディナーに行きサプライズでお祝いしてもらったり、とても幸せな誕生日でした。 その日は6ヶ国ぐらいの言語でバースデーソングを聴きました。 カーディフ最終日はパーティーに参加して友達やカーディフと別れを惜しみました。本当に帰りたくなかったです。 私はカーディフで英語だけでなく、たくさんのことを学びました。 言葉では表せれないほどホストファミリー、ハウスメイト、クラスメイト、カーディフ、JSTさんに感謝してます。
イギリス カーディフ留学
イギリス カーディフ留学
【イギリス・カーディフ】CELTIC

下ノ村 莉穂さん(岐阜市立女子短期大学)

あっという間の3週間でした! 生活スタイルの違いにもすぐに慣れて、ホストファミリーともたくさん話しました。
私はリスニング力とスピーキング力をつけたかったので、語学学校にいるときは常に全力集中して聞きました。
そこで大事だと感じたことは、自分をアピールすることです。
意見を求められるのを待つのではなく、自分からぐいぐい出ていくことがとても大切だと感じました。
ここでは、日本人特有の遠慮は要りません。 常に積極的にいかなければ、来た意味がありません。
わからなかったらすぐ聞くこと。 文化の違いをプラスに受け入れること。 なんでもトライしてみること。
私は全てやってきたつもりです。 この留学で後悔をしたことはありません。
とにかく良い旅でした!
イギリス カーディフ留学
イギリス カーディフ留学
【イギリス・ニューカッスル】International House Newcastle

木村 奈央さん(椙山女学園大学)

ニューカッスルでの1ヶ月は「最高!」の一言です! ホストファミリーは本当に親切で親身になって話を聞いてくれたり、食事や洗濯も何時でもしてくれたりしました。 また、学校が始まる前夜、わざわざ学校まで車を走らせて道順を教えてくれたことには本当に感動しました。 学校では、まさかの日本人1人ということに驚きましたが、むしろラッキーだったと感じています。 クラスはブラジル人やアラビックが多いクラスでしたが、なるべく国籍がかぶらないようにと毎時間先生が配慮をしてくれて、楽しい授業ばかりでした。 そして、どの国の人たちもフレンドリーです! 毎日のようにソーシャルプログラムがあるので、ボーリングやダンスクラブ、シネマ、パブ、パーティーなどを通して、 クラス.国籍関係なしにたくさんの人達と思い出を作ることができました! 週末は友達同士でロンドンやスコットランドへ旅行をしたり、ダラムへ一人旅にも挑戦したりしました♪ 色々な場面でお互いの国について英語で話し合うことは、とても興味深く忘れられない時間です。 ホテルの様な部屋に、温かくて優しい家族、一生ものの国際色豊かな友人たち、毎日が本当に貴重な思い出です! また必ずイングランドへ行ってホストファミリーに会う約束をしています★ そして、何度も親身に相談に乗ってくださった伊藤さんありがとうございました!またよろしくお願いします^^
イギリス留学
イギリス留学
【ダブリン】the Horner School of English

徳川 勝洋さん (名古屋大学)

ダブリンに4ヵ月、滞在していました。 アイルランド自体、留学の打ち合わせをするまでどこにある国?って感じでした。 緊張しながらダブリンの地を踏んだことをしっかりと覚えています。そして冬場だったので寒かった! ホ―ナースクールではゲームやトークを交えながら、英語を勉強しました。 僕は最初こそ今までとは違う環境に馴染むのに苦労したけれど、いつの間にか心の底から授業を楽しめるようになってました。 学生同士や、先生と距離が近いのも大きな利点です。 アイルランドは緑が豊かで、首都のダブリンでも、都会と田舎が共存しているような印象。 人のぬくもりに触れられる素晴らしい町だと思います。 アイルランドで有名なパブカルチャー。 毎週末(毎晩?)パブへ行ってはお酒を飲んで、ひたすら世間話。 英語を話すのにも、新しく友達を作るのにも、絶好の環境でした。 学校の友達と、近くの公園の芝生で寝そべってお互いの国の話をする。 そんな何気ない時間が、本当に楽しかったです。 今までは「遠く離れた所にいる人」でしかなかった外国人と繋がれる喜び。 異なる文化、生活、考え方等の新しい発見。 日本では考えられないような経験。素晴らしい友達、家族との出会い。 持ち帰ってきたものは単純に英語の力だけではなかったです! そしてこれらはこれからの人生の大きな糧になる、と確信しています。 もし、留学を迷っている方がいたら、ぜひ一歩踏み出してみることを強くおススメします。 辛い時期もあるだろうけど、最後には必ず何物にも代えがたい宝物ような経験になっています。 約束します!それくらい、最高の思い出になりました!!
ホーナースクール
アイルランド留学