JST 名古屋 カナダ留学体験談

アメリカ留学
カナダ留学
ニュージーランド留学
オーストラリア留学
イギリス留学
アイルランド留学
マルタ留学
フィリピン・セブ留学
南アフリカ留学
フランス留学
イタリア留学
ドイツ留学
スペイン留学
メキシコ留学
コスタリカ留学
韓国留学
中国留学
ブラジル留学
マレーシア留学
シンガポール留学
インド留学
ロシア留学
JST

お客様のカナダ留学体験談

ジェイエスティを通じて、カナダ方面に留学されたお客様のカナダ留学体験談をご紹介いたします。カナダ留学といえば、バンクーバーが主流と思われる方もいらっしゃると思いますが、それ以外にも実に魅力的な候補地があります。過去の体験者のお話は、これから留学を計画される皆さんにとって参考になると思います。是非、お読みください。
新着カナダ留学体験談
【バンクーバー】SELC

西垣 瑞紀さん(名古屋外国語大学)

バンクーバーは様々な国の人々が集まっている場所なので、わたしみたいな留学初心者には馴染みやすい環境だと思います。 しかし、そのことがマイナスになるときもあります。ずっと英語を聞いていたくても、街からは英語以外の言語を耳にすることも多かったです。 そのことがたまにストレスに感じることもありましたが、今思えば異文化に触れられたいい機会でもあったと思います。 また、日本人も多く、全国の様々な目標を持った人々と出会え、刺激を受け、本当にいい思い出になりました。 楽しいことも沢山ありましたが、勉強面では修行のように感じたこともあります。そのことは精神的に強くさせてくれました。 留学は自分を強くさせてくれます!そして自分のことが前より知れた気がします。
【ハリファックス】 East Coast School of Languages

鈴村 明音さん(愛知県立大学)

ハリファックスは海が綺麗でのどかな港町でした!語学学校では韓国、メキシコ、ブラジル、サウジアラビアなどなどいろんな国籍の子と仲良くなれました!赤毛のアンのモデルとなった、プリンスエドワード島も赤土が綺麗な心休まる場所でした!念願のロブスターも食べれてよかったです。また行きたいとっておきの場所です!
カナダ留学体験談
【トロント】 SPRACHCAFFE

浅井 菜佑さん (愛知県立大学)

今回の春休みに、カナダ・アメリカを旅行しました。カナダはトロントで語学学校に3週間通いホームステイをし、アメリカはNYに3日間滞在し、そこから西海岸へと飛び、 コンチキツアーという世界各国のメンバーと旅をする 現地発着のツアーに参加しました。私は今まで生きてきた19年間、一度も海外に行ったことがなく、飛行機にすら 乗ったことがありませんでした。そんな中、せっかくの長い休暇だから、海外に行ってみたい!と思い、ドキドキの中、初めて日本を飛び立ちました。間近で見たナイアガラの滝や、 ヘリから見たグランドキャニオンは大迫力で、息を呑みました。NYやラスベガスの夜の街はとても綺麗で、いつまでも人で賑わっていました。 また、旅の途中で出会った人々と、言語や文化の違いに関わらず、お互いの気持ちが分かり合うことができて喜んだり、別れを惜しんで泣いたり、今までになかった感動を味わいました。 旅に慣れてなくても、英語があまり話せなくても、海外に行ってみるべきだと思いました。みなさんも自分の訪れてみたい海外の地に、思い切って行ってみてください! きっと思いもよらない感動が待ち受けています!
トロント留学体験談
アメリカ コンチキツアー
【モントリオール】 SPRACHCAFFE

Iさん (社会人)

今回、約1週間という短いモントリオール滞在でした。1番の目的は、知り合い(昔の英会話の先生)に会いに行くことでしたが、そこに、ホームステイと語学学校が加わり、内容の濃い、とても楽しい旅行になりました。 カナダが大好きで、ビクトリアやバンクーバーなどには、何度か旅行に行ったことがありましたが、モントリオールへは今回が初めてでした。モントリオールの印象は、私が今までに思っていたカナダの印象とは全く違い、想像以上に、フランスの雰囲気たっぷりの街でした。他の大都市に比べて高層ビル群は少なくて、街にはアートがあちこちにあったり、緑がある公園がたくさんあり、街の人がピクニックしたり、リラックスしたりと、とても癒しの空間の多い街で、とても居心地が良かったです。 そして、友人にも久しぶりに再会でき、街を自転車や歩きでいろいろ散策したり、公園でピクニックをしたり、夜には少しオシャレなレストランに行ったりと、盛りだくさんでした。その友人が一緒にいたせいもあるのかもしれませんが、モントリオールはとっても安全な街だなと思いました。 ホームステイ先のホストマザーは、話好きなとてもいい人で、いつもいろんな話をして楽しかったです。モントリオールは、バイリンガルな街で、街では、英語も通じますが、フランス語を耳にすることの方が多かったように思いました。私はフランス語が全くわからないのですが、ホストマザーや友人や、だいたいの人が、バイリンガルで、英語とフランス語を使い分けてるのを聞いて、カッコイイな〜と思いました。 今回の語学学校は、人生初の海外語学学校だったので、少し緊張しましたが、1週間(祝日があり、実質4日でした)と短い期間だったのですが、学校もアットホームな雰囲気で、先生もアグレッシブなとてもいい先生方で、とっても有意義な経験になりました。また近いうちにモントリオールへ行きたいなと思っています。その時は、もし出来たら、2週間の休みを取り、もう少し長めに語学学校にも通いたいなと思っています。いつかフランス語も話せるようになりたいな思いました。
【バンクーバー】SELC

Tさん(名古屋外国語大学)

休みを利用して3週間という短い期間でしたがカナダへ行ってきました。 私が海外へ行った理由は、純粋に海外への憧れがあったという事と自分が中学生の時から今まで英語を学習してきて、それが実際どのくらい使えるのか実践してみたいという思いがありカナダへ行く事に決めました。 バンクーバーでは、正直 日本人の多さにとても驚きましたが学校では日本人どうしでももちろん英語で会話していたので英語を喋る機会がたくさんありました。放課後や休日は学校で出来た友達と出かけたりもしました。 バンクーバーは本当に自然が豊かで近くで自然を感じる事ができで素敵な所でした。留学期間、ホームステイをしていました。最初の頃はなかなかファミリーに自分の事を話できなかったり話してくれるのを待っていましたが、 だんだん自分から話せるようになり、今日一日何があってどうだったかとか話せるようになり、とても楽しいホームステイをする事ができました。 私は普段はネットに頼りっぱなしですがカナダではフリーWiFiの使える所でしかインターネットを使えなかったので、困ったり迷ったりわからなかったらネットには頼れず、自分がアクションを起こさなければ解決されない事が多くありました。 しかしそのおかげで人に尋ねたり前もってきちんと調べておくなど先の事を考える事ができ、以前より行動力がつき積極的になれたのではないかと思います。 留学は語学を向上させるだけでなく、自分の知らなかった自分を見つけたり、自分を成長させたり再確認できる、とても素敵なものだと実感しました。 またいつか、バンクーバーへ行けたらいいです!
バンクーバー SELC
バンクーバー留学体験談
【バンクーバー】SELC

大石 正人さん(名古屋市立大学)

春休みを使って、カナダ・バンクーバーに留学してきました。 学校にはヨーロッパや南米、アジアなど幅広い学生がおり、 話すチャンスもあるので、あとは自分次第です! 英語は、ホームステイ先でもスクールでも聞きっぱなしで、最初は大変でしたが 次第に耳が慣れていきました。 でも1ヵ月では、全然足りない。 話すスピードが上がったら聞き取れないし、単語が思い付かないなんてことも当たり前。 それでもなんとか喋ろうとしたこと、そして英語を話すことに抵抗がなくなったことは、大きな進歩だったと思います! また、日本に帰る前にイエローナイフで、オーロラ鑑賞をしてきました。 オーロラは本当に綺麗でした!ラッキーなことに最近でトップクラスの美しさだったようです。 ロッキーマウンテンもカナダの自然を感じられる素晴らしいところ。これから留学する方は、せっかくカナダに行くので、ぜひ少し予算を多めに用意して、 留学+オーロラやカナダの自然を巡るツアーにも参加してほしいです!
バンクーバー留学体験談
イエローナイフ オーロラ
【トロント】ILSC

小島 佳奈さん(中京大学)

どうだった?と聞かれて最初に答えるのは「とても楽しかった!!」というのが、カナダで1年間過ごした感想です。 とにかく英語を話したい!と思っていたので、語学留学という形ではなく、ワーキングホリデーという形で渡航しました。 これが、わたしにはぴったりでした。仕事や勉強や遊び、何をして過ごすか、自分で決められるのがワーホリの魅力。 いかにして英語を学ぶか、いかにして楽しむかを、自分で見つけなければならず、模索する日々は時に悩みましたが、 いつの間にかその悩みを消してくれる居場所がたくさんできました。 実は、ワーホリに来たもう1つの目標は、知らない土地で居場所を作ることでした。 カナダを離れる時は、日本を離れる時と同じような感情だったのは印象に残っています。 大変だったのは、100%英語環境のカフェでのアルバイト。差別まがいの発言や態度をとられたこともありました。 移民国家のカナダでは色々な人種の人がいたにも関わらず、差別はほとんど無かったので驚きました。 これは、自分は日本にいる外国人に差別していないかと見つめ直す、良いきっかりにもなりましたし、悔しさをバネに英語を頑張ることができました。 また、帰国前には1人で中南米旅をしました。今まで見たことのなかった景色や人々に出会えて、忘れられないものになりました。 1年間の海外生活は、100%自分を変えるものではありません。嫌なこともたくさんありました。 だからこそ、楽するよりも、苦労した後こそ本当に楽しいことが待っているのだと知ることができました。 私を急激に成長させてくれた1年は宝物です。
トロント留学体験談
トロント留学体験談
【カルガリー】SOL School

北村 瞳実さん(名古屋外国語大学)

自然を求め、山へ行きたい!と決めたカルガリー。 いざ足を踏み入れると家の周辺はかなり田舎で物足りないかな、と思っていました。 しかし街は栄えており学校が始まると、アットホームな雰囲気にすぐにとけ込むことができ、毎日英語を使って会話ができる喜びでいっぱいでした。 学校が終わってからはラフティングに挑戦したり、いろいろな国の手料理を振舞ってもらったりパブにいったり、 のんびりした生活を送りつつもとても充実した3週間でした。 なにより感謝をしているのが同じステイ先に住んでいた留学生です。 韓国・中国・日本と国はバラバラですが本当の家族のように毎晩お話したりゲームしたり、旅行にも行きました。 私がカルガリーを選んだ理由の1つであるロッキー山脈・バンフへと連れて行ってくれたのです。 迫力のある山々に囲まれた美しい湖を見たのははじめてでした。 たったの3週間でしたが、得たものははかりしきれません。 沢山の冒険をしたことと幅広い温かな人々との出会いを次のステップへと活かしたいです。
カルガリー留学体験談
カルガリー留学体験談
【バンクーバー】SELC

伊東 和さん(南山大学)

何が一番楽しかった?とよく聞かれますが、バンクーバーでの1か月は日々のすべてが新鮮で刺激的なものでした。 世界中から集まった様々な人種、色々な世代の人たちと接し、このまま4年で大学を卒業して就職するという人生だけじゃないんだ、と自分の将来を見つめ直すターニングポイントになったと思います。 本当に短い期間でしたが、だからこそ1秒も無駄にしたくないと思いながら毎日生活しました。 バンクーバーには見るもの行くところがたくさんあります。 授業後は直帰することはほとんどなく、ダウンタウンを歩き回りました。 週末はパレードを見に行ったり、水族館に行ったり、自然公園に行ったり、名所という名所はほとんど回ったと思います。 ひとりで居るときには、行った場所でたまたま出会った人たちと仲良くなって一緒に行動することもしばしばでした。 私の学校には日本人スタッフの方が何人かいらっしゃったので、すぐに学校にも慣れることができました。 クラスはレベルごとに分けられましたが、レベル混合の授業もあったので自分のクラス以外の人たちとも仲良くなれました。 また、私の通っていた学校は小規模校だったので、どんどん友達が増えていきました。 ちょっとした会話の中から討論が始まったり、日本にはない兵役の制度について聞いたり、英語という共通言語を通して、それ以上のことを学んだと思います。 また、私は動物愛護に興味があり、日本人スタッフの方々に協力していただいてバンクーバーにある動物保護施設の見学に行ってそこで学んだことのプレゼンもしました。 日本では勇気が出ずに踏み出せなかっただろうと思いますが、とても良い経験になりました。 ホームステイ先の家族も親切で食事も美味しく、ルームメイトにはパーティに連れて行ってもらったりしました。 バンクーバーは気候や治安も良く、色々な人種の人と触れ合うことができ、自然と都会が共存しているとても素敵な街です。 またいつか、学校の友達やスタッフに会いに行きたいです!
カナダ留学体験談
カナダ留学体験談
カナダ留学体験談
【バンクーバー】ILSC

和田 明也さん(愛知工業大学)

2012年から7月から約7ヶ月間カナダのバンクーバーに留学しました。 バンクーバーは都会と自然がうまく共存された所で、治安も良くてとても住みやすい街でした。
英語漬けでの生活にすぐに慣れました。 また、ホストファミリーはすごく優しく、ILSCの良きメンバーにも恵まれて、すばらしい留学生活を送ることができました。
平日は毎日学校に通い英語を勉強しました。 ILSCには世界中いろいろな国の人が英語を勉強しに来ていたので、さまざまな国籍の友達ができました。 休日は学校の友達やルームメイトと出かけたり、買い物を楽しました。 英語に慣れてきてからは引っ越しをして、海外での一人暮らしを体験しました。 買い物や家事など全ての事を自分でやらなくてはならなかったので最初は大変でしたが、慣れてきてからは友達を家に呼んでパーティーをしたりと、こちらも良い経験になりました。
たくさん旅行にも行きました。 国内ではウィスラー、ビクトリア、イエローナイフ、カナディアンロッキーに行きました。 イエローナイフではマイナス40度の世界の中でオーロラを観れました。 またカナディアンロッキーの壮大さにはただただ感動しました。 ILSCでできたメキシコ人の友達が案内してくれたおかげで、メキシコにも行くことができました。 メキシコシティは古い建物がたくさんある歴史の街で、メキシコ人はとても陽気でした。 この陽気さは日本でも実践していきたいです。
この留学では外国人とコミュニケーションしながら英語力を楽しく身につけることができたので本当に良かったです。
カナダ留学体験談
カナダ留学体験談
カナダ留学体験談