ニュージーランド高校留学&ホームステイのことなら、名古屋本社の海外専門旅行会社 ジェイエスティにおまかせください!

よくある質問

【Q1】どうしてニュージーランド(クライストチャーチ)がお勧めなの?
数ある英語圏の国の中でも特に治安が良いという理由だけでなく、授業料も比較的安価で、海外の留学生を受け入れてきた経験があり、フレンドリーな国民性からホームステイのクオリティも良いからです。教育については、教育省が全校のカリキュラムを統括しているので格差がなく、留学生の教育制度もしっかり整っており、特に英語補習など、サポートが充実しているからです。
【Q2】英語の成績がよくありませんが、受け入れてもらえますか?
現地の受入先(高校)が入学審査をする上で、日本での成績は必ずチェックされます。しかしながら成績がすべてではありません。現地高校の授業はもちろん全て英語で行われますので、各教科で使われる英語を学び、また各教科の復習をされて総合基礎力を高めることが重要です。また、ESOLプログラム(留学生用の英語補習コース)が併設された学校をご紹介しますので、まずはここで英語を鍛えることから始めましょう。
【Q3】現地の高校では英語の授業(補習)はありますか?
英語を母国語としない外国人留学生のための英語コース、ESOLがあります。英語力にもよりますが、最初はESOLコースに参加し、基礎英語力をつけてから、数学、科学など本科の授業を受けていくのが良いでしょう。
【Q4】現地では部活動に参加できますか?
できます。サッカー、バスケットボール、ラグビーなどのスポーツ活動をはじめ、演劇、音楽など文化活動が盛んですので、現地の学校で部活動に参加することは友達を作るにも絶好の機会です。
【Q5】いつ頃から留学準備をすべきですか?
ニュージーランドの高校の新学期は2月からスタートしますが、4学期制を実施しているため、1年に4回入学の機会があります。それらの時期を見据え、出発の半年~1年前には計画を始めるべきです。
【Q6】日本で不登校でしたが、受け入れてもらえますか?
不登校であった方でも、ニュージーランドの高校に留学することはできますが、入学申請の際、成績証明だけでなく、出席証明書を提出しなければなりません。あまりにも不登校の期間が長く、成績証明書の取得が難しい場合、受入先が見つからない場合もございます。
【Q7】ニュージーランド卒業後、日本の大学受験は可能ですか?
ニュージーランドの高校を卒業していれば、日本の大学を受験することは可能です。また、ニュージーランドの高校を最終学年(Year 13)を含み、2年間以上通った場合、一部の大学を除き、帰国生枠で大学受験が可能です。(NCEA Level 3を取得していなくても大丈夫です。) 学校によって入学条件などが異なるため、実際に日本の大学を帰国生枠で受験する場合は、諸条件を確認する必要があります。偏差値の高い大学ではNECA Level 3を取得していることが必須となる場合もあります。
【Q8】ホームステイ以外の滞在方法はありませんか?
学校によっては全寮制の学校もありますが、未成年の高校生が安心してニュージーランド生活を送るためには、親身になって世話をしてくださるホストファミリー宅での滞在が一番良いでしょう。
【Q8】ホームステイ以外の滞在方法はありませんか?
学校によっては全寮制の学校もありますが、未成年の高校生が安心してニュージーランド生活を送るためには、親身になって世話をしてくださるホストファミリー宅での滞在が一番良いでしょう。