ファームステイ

ファームステイ 専任スタッフ

ファームステイで本物の体験をしながら、生の英語を習得しよう!

ファームステイは、本格的なファームへ行き、遊びではない本物の体験を通じて、 普段日本で暮らしている日常とは違った「非日常」を感じることができます。 朝は日の出と同時にニワトリなどの声に起き出し、一日が始まります。 まずは朝のエサやりから始まり、放牧します。 放牧している間に、次のエサやりの準備をしたり、小屋の掃除や整備、消毒などをこなします。 放牧しない動物の手入れ(ツメ切りやブラッシング) をしたら、次は家庭菜園(これも本格的に野菜を栽培しています)の手入れをします。 夕方に近づくと、放牧していた動物たちを集め、小屋へ誘導します。夜のエサやりをする頃 には、空は暗くなってきます。自然や動物とともに生活することは、とても平和で、 ゆっくり時間を過ごすことができます。偶然にも私の滞在中にヤギの出産に立ち会うことができ、命の尊さも感じることができました。 またファームステイでは、生活の中で生の英語を体験できます。 実際の生活を通じて、さらなる英語学習への強いモチベーションへも繋がるかと思います。 ファームの人々や動物との交流、生きた英語とのふれあいやオーストラリアならでは のアクティビティを通じて、一生忘れられない体験をするのにお勧めのプログラムです。
葉山 紗世