南アフリカ留学 Cape Studies | ケープタウンで、真の国際感覚を身に付けよう!

JSTスタッフによる現地視察報告
南アフリカでサファリ体験
ジェイエスティ【TOP】 > 留学&ホームステイ【TOP】 > 南アフリカ留学 > Cape Studies > JSTスタッフによる現地訪問記

JSTスタッフによる現地訪問記

ヨーロッパの街並みがそのままアフリカへ…
日本から遠く離れた南アフリカ、ケープタウンと南アフリカを代表する国立公園、クルーガーナショナルパークを訪問してきました。これから南アフリカ留学をお考えの方は是非、参考にお読みください。
ケープタウンの町 | Cape Town 周辺の見所 | 学校視察 | クルーガー国立公園

街の象徴は、テーブル・マウンテン

ケープタウンはご覧のように、雄大なテーブルマウンテンの麓に街が形成されています。(テーブルマウンテン頂上から街を見下ろした景色は絶景です!)とかく治安を気にされる方がいらっしゃいますが、ダウンタウンは博物館、美術館以外にあまり行かないほうが良いかもしれません。というより見所はそれほど大したことはありません。
ケープタウン テーブルマウンテン

カンパニーガーデンズ

ケープタウン・ダウンタウン中心にある公園です。週末には庭園で結婚式の撮影、コンサートなどが行われたり賑やかな雰囲気です。近くには有名な博物館があるので、それらを訪問時に立ち寄るとよいでしょう。
ケープタウン カンパニーガーデンズ

ダウンタウン

ケープタウンは、2010年サッカーワールドカップで注目されたの都市。ヨハネスブルグに次ぐ大都会で、コロニアル風の街並みなど見どころが多い街です。ヨーロッパにある街をそのままアフリカに移動させたような、随所に欧州の雰囲気がする街です。夜間の一人歩きなどは控えれば、危ない目には合うことはありません。
ケープタウン ダウンタウン

ウォーター・フロント

観光客はもちろん、地元の人にも人気がある、再開発地域、「ウォーター・フロント」。19世紀の建物を再現し、テーブル・マウンテンを眺めながらの食事や、散歩、テーブル湾クルーズなどができるトレンディスポットです。このあたりは比較的治安もよく、それほどピリピリせず、お買い物、食事を楽しむことができます。
ケープタウン ウォーターフロント

シグナル・ヒルから見た、テーブル・マウンテン

ライオンズ・ヘッド(Head=頭、標高669m)の後ろのほう、ライオンズ・ランプ(Rump=尻、標高350m)のあたりがシグナルヒルと呼ばれ、平日の正午に号砲を発する大砲があるため、そのような名前になったそうな。シグナル・ヒルの斜面には、政府高官邸などの高級住宅やマレー人の霊廟が建っています。
シグナル・ヒルから見たテーブルマウンテン